つ れ づ れ

・4月22日(土)
大気不安定。夕方雨が降りました。昼過ぎにこう治が来て噺の稽古、やっと上がりましたね。後は何回も繰り返して、つっかえないように演ってもらいたいものです。その後こう治は寄席に、私は家の中でゆっくりしました。写真は嬶ァがお客様からお借りした「泥の川」のDVD。映画館なのかテレビなのか、またいつごろなのか忘れましたが、私は観ています。暗い気の毒なイメージがありましたね。近いうちにまたじっくり観たいです。

・4月23日(日)
ちょっと肌寒い一日です。桜上水でいつもの稽古をしました。稽古では汗ビッショリです。一応最後まで行ったけど、まだまだこれからですね。稽古が終わってお師匠さんと踊りの話ではなく、北朝鮮問題を語り合うんですから、本当に物騒な世の中です。平和が保たれればいいのですが。写真は桜上水にて見かけました。

・4月24日(月)
平年並みなのでしょうか?日中、日が当たる所は暖かく、日陰は肌寒く感じます。落語協会の重鎮三遊亭圓歌師匠がお亡くなりになりました。私の師匠文治は圓歌師匠とはあまり肌が合わなかったですね。ライバル意識が強かったのか、過去に何かよほど腹の立つことがあったのかよくわかりませんが。私は脇でお会いした時は優しい声を掛けていただきましたよ。とにかく大事な昭和の師匠が亡くなってまた寂しくなります。合掌 写真は散歩中の道端にて。

・4月25日(火)
大江戸線から東急田園都市線直通の半蔵門線に乗り換えてたまプラーザ駅に着きました。以前二ツ目の頃、亡くなった夢三四兄さんがここで落語会をやっていました。私も何度も呼んでいただき勉強させてもらったんです。懐かしいなァ。本日、場所は違いますが、3丁目カフェと言う所で「たまぷら座」と言う寄席に出演しました。落語教室の生徒さんの紹介です。ネタは「片棒」と「田能久」とても良く聞いて笑ってくれる素晴らしいお客様です。写真は落語会会場の入り口にて。なんと生徒さん達の幟が出ています。手作り感があっていいですね。