・1月14日(日)
久し振りに桜上水での稽古。やはり今までのを思い出すのが精一杯、ほんのちょっとだけ先に進めたのが良かったです。帰宅をして用事をし、夕方家を出て、待ち合わせの西武池袋線池袋駅改札に行き、そこからサクラ葬祭に行きました。亡くなった小蝠の弔問です。伸乃介兄さん、伸治兄さん、文月、宮治、嬶ァが一緒です。相変わらず太ってたけど、綺麗な顔してました。話しかけても返事がないのが悲しいですね。合掌 写真は13年前に岩手県の二戸で写真家のTさんに撮っていただいた私と小蝠です。あの頃は若かったなァ~。

・1月15日(月)
久喜市桶川の母方の叔父さんの家に行きました。昨年叔母が亡くなったんですが、まだお線香を上げに行ってなかったのです。不義理のままで気にしてました。二人の従姉妹も来ていて随分懐かしい、楽しい時間を過ごすことが出来ました。従姉妹は以前会ったときはまだ小学生、それがもう二人ともそれぞれ子供が二人いる主婦、頑張って生活してるようです。帰りには「これ持ってって」と取れ立ての野菜を頂きました。ご近所の農家の方に時々もらうんだそうです。白菜がカットされてない、丸ごととは有り難い、鍋が食えるぞ~。

・1月16日(火)
東村山の明法中学校で落語講座がありました。今日は課題にしていた「子ほめ」「牛ほめ」「寿限無」「狸札」の噺を生徒さんが発表します。五分ぐらいに短くしてますが、覚えるのは大変だったと思います。先ずは高座返しの稽古をして、噺に対する質問に答えます。それから「明法寄席」開演までは稽古の時間ですが、生徒さんは積極的に高座に座ってましたね。とにかく皆さん前向きで一生懸命です。父兄の方が来て開演。全体的に良い出来だったと思います。終演して生徒さんの安堵した顔がとても印象的です。写真は昨日頂いたポン酢。群馬では有名なお店の商品だそうです。