・2月2日(土)
予約していた散髪に行きました。店は混んでますが予約なので行ってそのままやってもらえます。とても楽でいいですね。頭をサッパリさせて帰宅。夕方は車で出発、浅草のいつもの駐車場に駐めました。浅草演芸ホール20時30分上がり。ネタは「徂徠豆腐」いわゆる土日のお客様ですが、あえて演らせてもらいました。意外に良く聞いて笑ってくれました。一生懸命が通じたのかな?とにかく嬉しかったですね。写真は頂いた役者の羽子板。

・2月3日(日)
どうしても咳と痰が治まりません。浅草演芸ホール20時30分上がり。ネタは「愛宕山」途中唄ったり、踊ったりしますが、その時に咳が出そうになった、痰が絡んだりして困りました。ネタを選ばなきゃ駄目ですね。持ち直すまで結構辛い思いをしました。お客様はよく聞いてくれたように思います。終わって田原町の「香港楼」で打ちあげ、文治一人でかなり盛り上げました。仕上げにライチシャーベットを注文した蝠丸兄さん「苦いねこれ、いらない。大体俺ライチ嫌いなんだよな」と杏仁豆腐を注文し直しましたが、何故ライチシャーベットを注文したのか謎です。写真は打ちあげ風景。

・2月4日(月)
車で浅草へ行きました。駐車場に駐め、ロックスの喫茶店でお茶を飲み、時間つなぎをしました。携帯でニュースを見たりぼ~っとしたり、結構落ち着く時間です。それから楽屋入りして浅草演芸ホール20時30分上がり。ネタは「化物使い」思い切って演ってみました。これと言ったくすぐりのない噺で、骨が折れる割には笑いがはっきりしません。でも、自分なりにできたような気がします。明日は千穐楽。何をやろうかな?写真は浅草演芸ホールの幟。

・2月5日(火)
浅草演芸ホール夜席主任千穐楽。20時30分上がり。ネタは「井戸の茶碗」沢山のお客様で、とてもよく聞き笑ってくれました。今日で新宿末廣亭から続いた15日間のトリは終了、安堵と寂しさを感じます。噺の最中に咳が出そうになったり、痰が絡んだりと決して本調子ではなかったんですが、何とか無事に終える事が出来たと思います。さァ今度は独演会です。それまでには完治したいですね。写真は高座にて、「井戸の茶碗」が終わってお辞儀をしてるところ。