・7月17日(月)
東京の梅雨前線はどうなってるのでしょうか?やっぱり良い天気で暑い。浅草演芸ホール13時15分上がり。ネタは「酢豆腐」前に似たような噺が出たり、そのものが出たりとなかなか出来ませんでした。沢山のお客様の前でやっと演る事ができました。よく笑ってくれましたよ。この噺はまた当分出来ないでしょうね。終わって炎天下の中、蔵前駅まで行って帰宅。ほんのちょっとの運動です。写真は鈴虫、けっこう育ちました。そろそろ欲しい方にあげられそうです。また忙しくなりますね。

・7月18日(火)
大気不安定の一日。浅草演芸ホール13時15分上がり。平日なのに随分お客様入っています。ネタは「湯屋番」後半随分笑ってくれました。終わって今度は噺の稽古です。三階の楽屋を借りて頼まれた「愛宕山」を演りました。久し振りで「言葉が大丈夫かな?」と心配でしたが思いの外ほぼ間違えずにできました。ただ、春から初夏の噺なのに、今覚えていつ演るのかなァ?帰り山手線で池袋に着く寸前からもの凄い雹が降ってきました。もちろん電車ストップです。自然の脅威ですね。写真は池袋駅のホームにて。盛んに降ってる最中です。

・7月19日(水)
本日、八戸東中学校で芸術鑑賞会がありました。毎年演って今回で三回目です。本来は3年周期で考えるんですが、高校の同級生で校長のS先生のたってのお願いです。今回は私、紙切りの花さん、こう治、そして嬶ァの一行です。解説から鳴り物教室に移り、生徒さんに出囃子を叩いてもらいました。皆さん音感が良くてとても驚きました。その後こう治の「狸札」でお仲入となり、休憩後は花さんの紙切りで盛り上がり、トリは私で「つる」を演りました。中学生の前で演るのは初めてです。とても良く聞いて笑ってくれました。素直な生徒さんです。そのまま成長してもらいたいですね。写真はこう治の一番太鼓。

・7月20日(木)
浅草演芸ホール定席千穐楽13時15分上がり。ネタは「粗忽の釘」よく聞いて笑ってくれるお客様です。やたらに笑う方もいましたね。終わって一旦帰宅し、小腹が空いたので軽く食べて散髪に出掛けました。いつもより散髪の間が長かったので髪がぼさぼさ、どうしても行く時間が無かったのです。終わって帰宅し、鈴虫の飼育用に新たに飼育箱を準備しました。これはひと仕事、結構くたびれました。出来上がったらもう晩飯時です。そろそろ会の噺を真剣に取り組まなければ間に合わなくなるなァ〜。写真は昨日の八戸東中学校の高座にて。